スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

日々。

少し前に古本をまとめ買いしまして
珍しくいろいろ読みましてん…。

最近読んだ本は、どうも自分的にハズレが多かった。←あくまでも個人の感想です。
いつも興奮を与えてくれて数えきれないくらい読んだ池井戸作品だったのに、
昨年の話題の新刊にはガックリだったし
ずいぶん前に女子にウケてたらしい〇〇〇〇〇食堂に至っては
最後まで読むのも苦痛だったという…(笑)。

そんな中、10年くらい前に話題になってた本を今さらながら
本当に今さらだけど読んだ一冊。
話題のときにはなかなか手が出なくて、いつも遅れてる私汗。


対岸の彼女。

角田さんの本といえば、、
実家の父親の本棚から持ってきた「八日目の蝉」しか読んだことなかったけど
こちらはとても読みやすかった。
あぁ、こういうことってあるのかも、あるよね…と思わせてくれるアレコレ。
女同士の面倒な付き合いの距離感の難しさ?にも少し共感。
角田さんがきっと私と同世代なんだろう…と思ったら、やっぱり同学年だった。
時代背景なんかもすぐに受け入れられちゃったのはそのせいやね。
文章力のない私が、アレコレこの本に言及するのは大変申し訳ないので
要は、私はこの本がとても好きかも、、ってことだけ言っときます(笑)。
読了後、また何度も読んでしまったので、たぶん好きなんだろう。

読み進めて、驚いたのと残念なのが…

肝。

↑この本の話の核心なる部分に、まさかの鉛筆の線。


おかげで、いつもは考えたりすることのない
前の持ち主さんがどんな人なのか?って違う想像も広がったりしたんで
これはこれで古本のよさ?(笑)。




コバ磨き。

ぼちぼちとですが…
コバ磨きなど地味地味な作業をひたすらやってたり(これやってると全然寒くないの)



素敵便。

某国から素敵なものが届いて、俄然やる気出てきたり…



いただきもの。

先日には…
委託でいつもお世話になっているLouLou8さんから
大分産の茶葉を使った紅茶もいただきました。
おかげで、この寒い日々を美味しい紅茶で凌いでいます。
お心遣いありがとうございます。


ホント、寒い日が続いています。

昨日の福岡は、朝は気温2℃。←ここまで冷え込むことは少ないのです。

昨日の出勤前のムスメとの会話。


ムスメ 「今日はいつもより寒いわー。出勤したくないわ~。」

私   「いい情報あるよ。」
     「大丈夫!お昼には3℃まで上がるんだってよ!」

ムスメ 「………」
     「そんな情報、うれしかないわっ


結局、お昼は3.8℃まで上がったらしいです。
今日はもう少し上がるらしいので、昨日よりはマシかな。




さ、重い腰上げねばっ。




どうでもいい話におつきあいくださって、申し訳ないー。











スポンサーサイト

| 本。 | 12:11 │Comments2 | Trackback-│編集

待望の…。

福岡版。

待ってました!!

福岡のあんなとここんなとこが盛りだくさんー。


一足先にお隣の佐賀版が出て、それも十分満足な内容だったけど
やはり子どものころから親しんだ福岡版にはかなわない。ごめんなさい。


心躍る記事が多いなか、
自分的に一番アツくなった記事がコチラ ↓ 。

                NIC。

当時、いつの間にかなくなってしまって
とてもショックだったこと思い出させてくれた。

こうやって再度掘り起こしてくださったことに感謝。


若い頃、このショップの紙袋を持って帰るとき
なんだか誇らしかったんだよな。


たぶん、どこかにまだシャツ何枚か持ってる…はず(笑)。



               佐賀版。

          ちなみに、こちらは ↑ 佐賀版。






             

| 本。 | 09:22 │Comments6 | Trackback-│編集

久しぶりのマンガ本紹介です。

最近読んで面白かった本をご紹介しま~す…ってマンガですが(^_^;)。

昭和元禄落語心中(2) (KCx(ITAN))昭和元禄落語心中(2) (KCx(ITAN))
(2012/01/06)
雲田 はるこ

商品詳細を見る


話のあらすじは…というと以下、講談社の紹介よりコピーさせていただきました。
↑紹介するっていうんだから、自分で書けよ!って?
いやいや、やはり本家にはかないません。←ただ自信がないだけ。


満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎。 
娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。 
昭和最後の大名人・八雲がムショで演った「死神」が
忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。 
弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!?
昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!

        (講談社サイトよりコピーさせていただきました。)


実は今回も、この本を教えてくれたというか
買ってきてくれたのは娘です(^^ゞ。
娘発信情報ばかりで恐縮ですが…

うちの娘、高校時代から落語に魅了されておりまして…
いつもpodcastからIpodへ落語をたくさんダウンロードしては
聞きまくっておりました。
私が「ポッドキャストには英語もあるのよ~」って言ってみてもそこは完全無視。
ええ、ええ、センター試験の直前も聞いていましたよ。本当にもう。。
あ、もちろん大好きなMr.Childrenが一番多く入っていましたけど
その次くらいに落語が入っていたのかなぁ。新着が出ると入れ替えてたし。
あぁ、遠い記憶がよみがえる~~~(-.-)。

ある日の夕方、洗濯物の取り込みを娘に頼んだら
笑いながら取り込んでくれてる姿が大変不気味で…
「何を笑いよ~と?、気色わる」って言ったら
回答は「落語」でございました。
そう、ちょっと変わった女子高生でございましたよ(-.-)。

そんな落語好きな娘が探してきた今回のマンガ。

たしかに面白かったです。これ好きです。
発売されたばかりの2巻では、師匠の若かりし頃にスポットが当てられ
謎が少し明かされますが、まだまだ先がかなり気になるところです。

この本のマンガ家さん…「雲田はるこ」さんとおっしゃるのですが
ごめんなさい、私存じ上げませんでした。

読み進めているうちになんだか懐かしい感じがしたので
なんでかしら?と、よ~~~~く考えてみたら
昔ちょっと怖いマンガを描かれてた「わたなべまさこさん」の作風に
ほんのちょっとだけ似てる気がします。
って別に、わたなべまさこさんは怖い話だけを描かれていたわけではないんですが
私にはそういう印象だったんですが…
わたなべまさこさんを検索してみたら 今も連載を持たれてて 
ご活躍されているそうでビックリ!でした。←なんだかうれしかったんですよ。

そう、八雲師匠(男性)が高座に上がっての落語のシーンは
色っぽいというか艶っぽいというか…そして怖さを感じてしまうのは
わたなべまさこさんの描く世界に通じるような雰囲気がしたんですよ。
          ↑あくまでも個人の意見です。

…話がそれましたが、作者の雲田はるこさんって
人気のあるマンガ家さんなんですね~。
ボーイズラブ系マンガも描かれていたり、ほのぼの系マンガも描かれていたり
守備範囲が広い方のようです。
作画に好き嫌いがあるかとは思いますが、私、かなり引き込まれました。

次はなんのマンガ読もうかな~なんて思われてるそこのあなた!
そして、恋愛が王道モノではない大人が読むマンガをお探しのあなた!
いかがですか~~~\(^o^)/?


あ、講談社のサイトで1巻の1話を試し読みできるようですよ。


今日も一押しありがとうございますm(__)m!


| 本。 | 22:09 │Comments4 | Trackbacks0編集

「3月のライオン」

久しぶりのカテゴリ「本」でのUPです。
って、言ったって前回からまだ2度目の更新(^_^;)。

たぶん、みなさんご存知かと思いますが…
「はちクロ」こと「はちみつとクローバー」で有名な羽海野チカさんの作品です。

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
(2011/07/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


娘が羽海野チカさんの大ファンで、その影響で読ませてもらってます。。。

ストーリーは…こちら以下のとおり。
(うまく説明できなくてファンをがっかりさせたくないので
HPより転載させていだきました)。←オイコラ!ホントは文章力ないからだろっ!

東京の下町に暮らす、17歳のプロ棋士=桐山零。
彼は幼い頃、事故で家族を失い、深い孤独を抱えた少年だった。
そんな彼の前に現れたのは、あかり・ひなた・モモの三姉妹。
彼女たちと接するうちに零は…。
様々な人間が、何かを取り戻していく、優しい物語です。


追記:ちなみに6巻の表紙に描かれているのは「桐山零」くんではなく
ライバルで自称親友の「二海堂晴信」くんです。こちらもいい子なんですよ。

…というストーリーですが、これがいいんです。
特に今絶賛発売中のこの6巻がとてもグッとくるんです(また昭和な表現(^^ゞ)。
しっかり泣かせていただきましたよ(最近涙もろいのよ。年のせい?)。
零くんの成長はもちろん、
ひなたちゃんの苦悩…私もいっしょに苦悩しました。オバだけど。
周りの愛すべきキャラクターにも注目したいとこ。
私は、ひそかに零くんの高校の担任の先生のファンです。

それと特筆すべきは、作者の羽海野さん自身がネコをお好きな方なので
話の中心となる川本家にいるたくさんのネコ達がまたいいんです。
ふくふく度がステキ過ぎ(*^_^*)。
幼いころ、ネコに囲まれて育った私としてはもうたまりません。

気がつけば、「マンガ大賞2011大賞」とか「講談社マンガ賞」とかW受賞!
…それも納得できる中身だと私も思います!

昔のジブリ作品のファンだったりする方には結構ツボだと確信。

お時間のあるときにでも、秋の夜長にいかがですか(マンガだけど)?
おススメ作品です。

あぁ、早く続きが読みたい。。。。。

こんな私にポチっと応援していただけたらうれしいですm(__)m

| 本。 | 11:33 │Comments16 | Trackbacks0編集

好きなんです。

このブログはソーイングネタを中心にUPしていますが
実は私…本も好きなんです。

話題になっている本はジャンルを問わず、本屋に行ってチェックしたいタイプです。
平日は無理ですが、毎週末必ずというほど本屋に長居してます(笑)。
だからといって、全て読んでるわけじゃないんですよ。
あくまでアンテナに引っかかったものだけ買います。

前職場では、ジャンル問わず本の貸し借りを同僚としていました。
漫画あり 小説あり 学習ものあり …楽しかったな~。
とにかく本の貸し借りがとても盛んだったんですよ。 
…と思い出話はこのくらいで…

久しぶりに私のツボを刺激した一冊はこちら…
       
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


見たことない方は この表紙にビックリしますよね(^_^;)。
言うまでもなく漫画です。
やっと一巻を購入しました。

娘も大の本好き…って 彼女は漫画好き?なんですが
「類は友を呼ぶ」というように、
やっぱり本好きの娘の友人で地元S大に通うMちゃんに
リサーチをしたところ、この本を一押しされたそうです。

テルマエ・ロマエ・・・ローマのお風呂 ということらしいです。
要は、お風呂漫画ですね。
日本のお風呂のネタだけで、こんなに面白いのかと感服しました。
古代ローマ時代の歴史のお勉強にもなります(*^_^*)。

思わず声出して笑ってしまうので
通勤時には絶対読めませんが…。

この本の作者は女性で「ヤマザキ マリ」さんとおっしゃるのですが
ものすごく絵が巧い!
素描がしっかりしていらっしゃるのがわかる!
女性が描く漫画には見えないタッチがまたステキ。

今現在3巻まで発売されていますね。
早く続きを買わねば!です。

あ、早くも実写化が決まってるそうです。
主演は「阿部 寛」。どんな出来になるのか楽しみです!

私のなかでは「聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)」に続くヒットです。

こちらでポチっと応援お願いします。m(__)m

| 本。 | 23:20 │Comments4 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

hiro‥

Author:hiro‥
ご覧いただき、ありがとうございます。
ものづくりの好きな夫と私の記録です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

お問い合わせはコチラへ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。